ラク英語

英語でなんという? をラクに解説していくサイト

ビジネスメール 英語で挨拶

メールを英語で書く際の『久しぶり』の書き出し・件名の書き方

2019年2月16日

 

英語でメールを書くときに、『久しぶり』という書き出しから始めたい場合もあるかと思います。

『久しぶり』と件名で書いてもいいですが、件名を書く時の注意は、長くならないことです。

 

 

英文メールで、『久しぶり』から書くフレーズとは?

 

英文メールで、『久しぶり』の書き出しは、これになります。

 

I have not seen you for a long time.

長い間、あなたにお会いしていませんでした。

 

It has been a long time.

長い時間が経ちました。

 

 

英文メール『久しぶり』の件名の書き方

 

英文メールでの『久しぶり』の件名の書き方は、書き出しと同じで、

 

I have not seen you for a long time.

長い間、あなたにお会いしていませんでした。

 

It has been a long time.

長い時間が経ちました。

 

こちらを書いても大丈夫なのです。

件名はあまり長くならないようにしましょう。

 

Long time no see は使えるのでしょうか?

 

『久しぶり』といえば、Long time no see と本で学んだ方も多いかと思います。

Long time no see は、チャイニーズのビジネスマンが会話でよく使います。

チャイニーズにとっては、四字熟語のように使っているようです。

アメリカでも会話でよく使われます。映画のサスペンスでも出てきますよ・・。

Long tome no see は、会話で使ってください。

イギリス系では、あまり使われないようです。

 

英語といっても、アメリカ? カナダ? イギリス? オーストラリア? ニュージーランド?シンガポール? マレーシア? フィリピン? インド? 欧州?などによって、使われているフレーズが単語、アクセントなども違ってきます。

ですので、あまり細かいことは気にしなくてもいいのです。日本人として、新しいフレーズを作っちゃった・・・こんな感じでいいのです。

英語をラクに楽しみましょう!

 

no image
英語で『久しぶり』を言いたい!覚えておきたい2つのフレーズとは?

  英語での挨拶で、『久しぶり』 お久しぶりです・・と言いたいとき、書きたいときなどありますよね。久しぶりって、どう表現したらよいのでしょうか・・。 英語で、『久しぶり』のフレーズは、この2 ...

続きを見る

 

-ビジネスメール, 英語で挨拶

Copyright© ラク英語 , 2020 All Rights Reserved.