ラク英語

英語でなんという? をラクに解説していくサイト

ビジネスメール 英語で挨拶

英語で『久しぶり』を言いたい!覚えておきたい2つのフレーズとは?

2019年2月12日

 

英語での挨拶で、『久しぶり』 お久しぶりです・・と言いたいとき、書きたいときなどありますよね。久しぶりって、どう表現したらよいのでしょうか・・。

英語で、『久しぶり』のフレーズは、この2つだけ覚えましょう!

英語での挨拶で、『久しぶり』は、これだけ覚えましょう!

メールの最初に書いてもいいし、会話でも使えますね。

 

It has been a long time.      

長い間、経ちましたね。

 

I have not seen you for a long time. 

長い間、お会いしていませんでしたね。

 

つまり、久しぶりという日本語を、長い間、時間が経過した、会っていなかったという意味に変えてから、英語にしていくとわかりやすいですね。

 

ビジネスの場面や、チャイニーズの方がよく使う、

Long Time, No See.

こちらもよく使われるようです。

 

日本語の表現を英語で言いたいとき、どのようにすると簡単か?

 

日本語の表現を英語にするときは、意外にも、英語で簡単に表すことができるのです。

英語はシンプルな言葉ですので、簡単に言うことができる!と思ってくださいね。

 

例えば、ウチの子は、お菓子を食べてばっかり・・と英語で言いたい時は?

お菓子を食べてばっかり・・ずっと食べている・・止まらない・・と変換して、

 

My kid is eating non-stop.

( お菓子は、省略しても、いいですしね。)

 

もう、これでOK! ですよ。

 

英語はシンプルである、簡単に表現する、と覚えてくださいね。

日本語は、より具体的で、細かく表現できる言葉なのです。

 

 

My kid is eating non-stop.              

 英語は、そうなのね!とあっさり、終わりですが、

 

ウチの子は、食べてばっかり

日本語は、困っているのかしら・・というニュアンスも感じられます。

 

英語で表現すると、スッキリ、あっさりできますので、英語は、シンプルに表現できる言葉であると思ってくださいね。

 

 

 

 

 

-ビジネスメール, 英語で挨拶

Copyright© ラク英語 , 2020 All Rights Reserved.