ラク英語

英語でなんという? をラクに解説していくサイト

レストラン・カフェにて

レストランやカフェで、英語で注文するときの、『・・ください』のフレーズは、これ1つだけ覚えて、いつでも使えるようにしよう!

 

海外旅行でのレストランやカフェなどで、英語で注文するとき、『・・ください』はどのようにいえばよいのでしょうか・・。

いろいろな言い方がありますが、1つだけを覚えて、それを使いまわして、応用して、自分がいつでも使えるフレーズにしてしまいましょう。

この表現だけ覚えておけば大丈夫ですよ。

 

レストランやカフェでの英語での注文、『・・・ください』は、これ1つで大丈夫です!

 

レストランやカフェでも英語での注文、『・・・ください』は、

 

Could I have・・・・?

 

『ハンバーガーをください』 でしたら、

 

Could I have a hamburger?

 

Could I have a burger?  (イギリス英語圏では、burger)

 

Can I have・・・? もあります。

Could I have・・・? とCan I have・・・? の違いについて、次に書きますね。

 

Could I have・・? とCan I have・・・? の使い分けについて

 

Can I have a hamburger?    ハンバーガーをくれる?

この表現は友達同士な感じで、とてもフレンドリーです。

これでもよいのですが、レストラン、カフェなどでも注文で無難なのは、

Could I have a hamburger?  でしょうね・・

でも、どちらでもいいので、とっさに出てくる方を覚えてくださいね。

覚えたら、ひたすら使って、使って・・・自分のものにしてください!

 

英語は、使って、使って、慣れて、慣れて、自分のものにする!

 

語学の達人というのは、ずっとブツブツ・・同じことを言っている・・と聞いたことがありませんか?

語学の達者な方は、ずっと同じことを言っているのです。

日本語でもそうではないでしょうか・・

日本での昨年、その前あたりの、流行った言葉、忖度・・も、いろいろなところで使われて・・・みんなが使って、慣れ親しんだ・・という感じがありますよね。

このように、言葉というのは、使って、使って、自分のものになっていくのです。

このブログでは、1記事に1つか、2つの重要なフレーズしかフォーカスしないようにしています。

なるべく少ないフレーズで、いつでもどこでも使えるようにしています。

あまりに多くのことを覚えることはできないからです。

 

そして、大事なことは、間違えることです!

間違えて、間違えて、恥をかいてもいいので、間違えることで、進んでいきます。

もっと、日本人の方が、間違えることをおそれずに、英語をどんどん話すことができる雰囲気に慣ればいいな・・と思っています。

 

no image
海外旅行・出張の英語、機内の飲み物の注文で、『炭酸水にレモンを入れてください』の英語フレーズは、with を使えば簡単ですよ。

  海外旅行での機内の飲み物の注文を英語でしなければならないとき、『炭酸水にレモンを添えてください、入れてください』は、どのような英語フレーズになるでしょうか? 機内は、乾燥しますし、ビタミ ...

続きを見る

 

 

 

-レストラン・カフェにて

Copyright© ラク英語 , 2020 All Rights Reserved.