ラク英語

英語でなんという? をラクに解説していくサイト

英語で挨拶

Thank you と言われたら、英語で『どういたしまして 』といいましょう!

2019年2月13日

 

Thank you を言われたら、英語で『どういたしまして』You're welcome とすぐに反応してみましょう。

英語の日常会話、『どういたしまして』を使うときには、ニュアンスの違いを使い分けることが大事になります。

丁寧な言い回しから、最上級までのいろいろなバリエーションがありますが、まず手っ取り早く、3つのフレーズを覚えておくと良いでしょう。

英語で『どういたしまして』は、3つのフレーズを覚えよう!

You're welcome      あなたを歓迎しますよ・・

No problem   (  Not at all )  問題ないですよ・・

My pleasure        私の楽しみですよ・・

 

My pleasure   などは、何かしてあげたときとか、私も楽しんでしましたよ・・という感じで、とても良い雰囲気になりますね。

ですので、My pleasure は、ドアを開けて、ありがとうと言われたのお返しに言う場合には、ちょっと大げさですね。

この場合は、No problem   ですね。

 

Thank you と言われたら、It's all right.   も使えます

 

Thank you  と言われたら、 It's all right    どういたしまして・・を使うこともできます。

 

オーストラリアのオージーは、No worries   心配ないさ・・気を使うなよ・・とみなさん言いますね。

 

少し、話がとびますが・・

オーストラリアでは、all right    が、alrighty   になったりしますよ。

alrighty       OKですよ・・という意味になります。

 

言葉は、どんどん変化していきますね。言葉は、生き物ですからね。

 

no image
最高な感謝の表現、心がこもった『ありがとう』を英語で使おう!

  もうみなさん、英語での挨拶、『ありがとう』は、簡単だと思われるかもしれません。 しかし、どうせなら、いつも心がこもった最高の『ありがとう』を英語でも言いたいですね! 日本語で『ありがとう ...

続きを見る

 

 

 

 

 

-英語で挨拶

Copyright© ラク英語 , 2020 All Rights Reserved.