ラク英語

英語でなんという? をラクに解説していくサイト

カフェ にて レストラン・カフェにて

海外旅行・出張の英語、カフェで、『キャラメル・マキアートをください!』 を英語で言うなら、マッキャートというイタリア語風発音がおしゃれ!

2019年3月28日

 

カフェがお好きですか?

今は、カフェにいくと、コーヒーやエスプレッソのほかに、

  • カフェオレ
  • カフェラテ
  • マキアート
  • カプチーノ
  • カフェモカ

いろいろとありますよね。どれがお好みですか?

よいカフェでは、イタリアの最高峰エスプレッソマシン、マルゾッコが置いてありますよね。

 

カフェで、『キャラメル・マキアートをください!』の英語フレーズとは?

 

『キャラメル・マキアートをください!』は、

Could I have Caramel Macchiato?

 

そして、マキアートの発音は・・マッキャートがイタリア語風です。

 

カフェの種類 マキアートとは?

 

カフェ・マキアートイタリア語: caffè macchiato)とは1ショットのエスプレッソに少量のフォームドミルク(蒸気などで泡立てた牛乳)を注いだものである。

マキアートとは、イタリア語で「染みのついた」と言う意味で、エスプレッソに注いだミルクの跡が染みの様に見えることから名づけられた。

本来はエスプレッソにスプーン1杯程度のミルクを落としたものであるが、カフェによってはエスプレッソとミルクを1:1の割合で加えたりとばらつきがある

出典:ウィキペディア カフェ・マキアート

 

カフェの中では、マキアートがミルクの割合が1に対して、エスプレッソが3なので、一番エスプレッをの味わいを楽しめるものになっているので、注文してしまいます。

キャラメルソースが添えてある、キャラメル・マキアートは、楽しみですね。

 

カフェラテは、ミルクとエスプレッソの割合が、8:2

カプチーノは、ミルクとエスプレッソの割合が、7:3

カフェモカは、ミルクとエスプレッソの割合が、7;3

 

カプチーノとカフェモカの違いは、カフェモカの方は、チョコレートシロップが追加されている点ですね。

 

カフェオレとカフェラテの違いは、カフェオレは、普通のコーヒーとミルクの割合が5:5であるのに対して、 カフェラテは、ミルクとエスプレッソになり、8:2の割合ですね。

エスプレッソの方が濃いので、同じような感じになるのかな・・。

 

 

no image
海外旅行・出張の英語、カフェで、英語では、ココアではなく、『ホットチョコレートをください!』といいましょう

  海外のカフェなどでは、子供には、カフェインなしの、ココアを注文したい方も多いはず。 英語では、ココアではなく、ホットチョコレートになります。   英語で『ホットチョコレートをく ...

続きを見る

 

-カフェ にて, レストラン・カフェにて

Copyright© ラク英語 , 2020 All Rights Reserved.