ラク英語

英語でなんという? をラクに解説していくサイト

日常会話

英語で『パニクってしまった!気が動転した、動揺した!』は、怒りや悲しみも含めて、upset を使います。

2019年5月1日

 

日本語では、よく会話の中で、パニクってしまった! などを聞きます

パニクるという動詞になっていて、おもしろいですね。

つまり、気が動転してしまった・・ということですね。

これを英語でも覚えて簡単に言えるようにしましょう。

英語で『パニクってしまった! 気が動転した!』は、upset を使いますよ。

 

『パニクってしまった! 気が動転した!』 の英語フレーズは、

 

I am upset.

 

過去形にするなら、

 

I was upset.

 

upset   の元々の意味は、ひっくり返す・・・船が転覆するという意味です。

ですので、気が動揺してしまった・・・その中に、怒りや悲しみが入ることもあります。

試合で負けた場合も、気が動転して、I was upset    といいます。

英語圏の方もよく使いますので、覚えておいてくださいね!

 

no image
海外で、英語で胃腸の症状を説明したいとき、『胃腸の調子が悪い』は、upset をつかいます。

  海外旅行の途中や海外出張の間など、疲れますし、海外の水があわない、食事があわないなどで、体調を崩してしまう方も非常に多いです。 胃腸の問題も多いですね。そんなとき、胃が痛い、お腹の調子が ...

続きを見る

-日常会話

Copyright© ラク英語 , 2020 All Rights Reserved.